スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回総会について

本日は執行部を含め、約100名の皆様にお集まり頂き本当にありがとうございました。

執行部の不手際もあり、前回の会場へ行かれた方もいらしゃたようで、ご案内の不徹底で開会が遅れ貴重なお時間を無駄にさせてしまい本当に申し訳ございませんでした。


-次 第-

1、執行部紹介
2、経過報告
3、会計報告
4、質疑応答
5、遺留品の報告
6、その他

上記の流れで進行してまいりました。

1、執行部には本日ご挨拶できなかった者もおります。追って紹介して参りますので御了承くださいませ。

2、経過報告については主に、お骨回収、お骨洗い、その後火葬へのお願いした等です。
※GW、5/15/16で回収してお骨は既に洗浄し、固体識別のでそうな子以外は既に火葬し霊園に保管をお願いしています。

3、会計報告、霊園の費用については口頭でのご報告となりましたので、追ってブログにて会計より詳細をお知らせさせて頂きます。
※板橋のワンダーランド様店舗に未だお預かり頂いているお骨も多く、営業のお邪魔になってはいけないかと思います。
今回の回収した子たちを合わせるとかなりの量になっております。

本来であれば被害者の皆様からのご意見を伺い霊園を決めるのが筋ではないか?とご指摘頂きました。執行部の中でもそういった意見がありましたが、やはり今行き場の無い子早く安らかに眠らせてあげたいとの声も多く、結果的に皆様のご意見を伺わず霊園を決めたことになってしまいましたが、どうか御了承頂けたらと存じます。

※未だに手元にある子がご自分の子なのか?
不安もあったり、色々と葛藤、心の整理もついていらっしゃらないか?と懸念しておりましたが、本日は「みんなと一緒に埋葬を・・・」と35の遺骨をお持ち頂きました。
お持ち頂いた子たちは霊園に一時的に預かって頂くことになります。
 
霊園は「武蔵野ペット霊園」に決まりました。工事開始日、途中経過についてはその都度ブログでアップしてまいります。

4、質疑応答では沢山のお声を伺うことができ、大変有意義な時間がもつことができました。
今一度、質疑の内容について執行部で話し合い、回答等は皆様へお知らせ致します。

5、遺留品については、本日は170点ありました。残念なことに見つかった方は1人でした。
一応、このブログからリンクさせ「遺留品」だけの写真をアップ」する予定です。
只、判別のできない物もありますので、ある一定期間で飼い主様からの申し出の無いものは焼却になってしまうかと思われます。
保管期間については改めてお知らせします。
本日いらっしゃれなく、写真では判別できない場合はご連絡くださいませ。

6、犯人に慰謝料請求、お墓の費用等を請求すべきでなはいか?と言った意見、法改正について署名嘆願をした方が良いのでは?と言うご意見もありました。それについては私たちも素人あるのでいずれは専門家にお願いするようになるのかと思います。そしてそれはかなりの時間がかかると予想しています。

法改正についてももちろん動いて行くつもりでおります!

おそらくこれから公判も始まるかと思われるので、またその時点で皆様で考えて行きましょう!

本日のご報告でご不明点、こうしたらどうかしら?などなど皆様からのご意見をお伺いする機会も今後設けて行く所存にございます。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


私たち被害者の悲しみや苦しみをぶつける相手は「花園ペット祭典」の阿部です。


私たち被害者の「想いは一つ」です。


******************************************************

本日、東京新聞様が取材にいらしてました。
明日朝刊の社会面に載せて頂けるようです。
東京新聞はコンビにでは店頭販売がない店舗もあるそうです。
駅の売店ではあるとのことです。

Webはコチラ⇒東京新聞

*******************************************************


またご不明点、ご意見があるようでしたら blog 非公開コメント、代表/藤野へのメール、090-3473-1130(小林)までごお問い合わせくださいませ。
スポンサーサイト
プロフィール

ブログ担当

Author:ブログ担当
「伴侶動物死体遺棄、被害者の会」

平成22年4月6日に公となった、埼玉県飯能市の山林でペットと見られる動物達の遺体が大量に発見された事件。
遺体を遺棄していた犯人はペット火葬業者(花園ペット祭典)でした。
10年以上前から繰り返されていた犯行。
その被害者達が様々な思いを寄せ集まり、平成22年4月18日発足。

山林に棄てられたままの子達や、本当の飼い主さんのもとへ帰る事ができなかった子達を救いたい。
「うちの子は一体どこにいるの?」飼い主さん達のやり場のない思いが少しでも落ちつけますように・・・
そんな思いから被害者の中から有志で集まった執行部を中心に活動を開始しました。

※このブログは執行部の複数のメンバーにより管理構成されています。

~お問い合わせは・・・~
メール
demetaronomehadekai-2010@softbank.ne.jp

電話
080-3520-2515 (芦)
090-6522-8541 ( 細谷)


注意!仕事、家事、育児をしておりますので、
大変申し訳ありませんが、電話でのお問い合わせに対しましては、即答・即返信ができない可能性があります。
ネット環境がある方は、できるだけblogにてお問い合わせをいただけますと助かります。
ご面倒ですが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。