FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献花式より1年

慰霊碑が完成し、献花式を行ってから丁度1年が経ちました。
以下は当時のレポートブログをそのまま転載したものです。
あの時の思い、今もずっと変わりません。

‐‐‐‐‐以下2010年7月25日の記事を転載‐‐‐‐‐

本日、無事に献花式を行う事ができました。
暑い中、霊園まで足を運んで下さった皆さん、有難うございました。
kenkasiki1 kenkasiki2
皆様のおかげで、とても立派な石碑を建てることができました。
素晴らしい場所を提供して下さった霊園様、企画よりも大きな石で丁寧に仕上げて下さった石材店様にも心より感謝申し上げます。
kenksiki4 kenkasiki3
被害者の皆様をはじめ、この事件を知り多方面で協力下さっている方々の姿も見え、皆さんが思い思いにお花を手向けて下さいました。
きっとこの思いは、あの子達に届いていると思います。
kenkasiki6
沢山のお花で囲まれた石碑・・・
春には満開の桜の花が咲き誇り、きっと賑やかさが増すでしょう。
本日出席して下さった方も出席できなかった方も、お参りはいつでもする事ができますので、是非またあの子達のもとへ足を運んで下さればと思います。


場所:武蔵野ペット霊園(毛呂山町)
〒350-0432
住所:埼玉県入間郡毛呂山大類307-4
電話:049-294-6780

※アクセス:東武越生線「一本松駅」下車タクシー10分
map1
↑クリックすると全体が見れます。



献花式を迎えて・・・
皆さま1人1人のあたたかいご支援・ご協力、そして何よりここに眠る子達への強い思いがあったからこそ、この日を迎える事ができました。

本日この墓地には、今年3月~5月にかけて正丸峠より救出した500体以上の子達、また各家庭にバラバラに返骨されていた一部の子達を納骨することができました。

ですが、これで全てが終わったわけではありません。
正丸峠にはまだまだ数えきれない程の子達が待っていますし、犯人の裁判も続いています。
今回の事件を知らずにいる被害者の方々も沢山いらっしゃるでしょう。
この事件をもっともっと世間へ広め、決して風化させないために今後も呼びかけていかなければなりません。

犯人はこの子達を冷凍庫で保管し、山へ捨て、生ゴミで捨て、あるいは適当に火葬し返骨用のストックとして私達のもとへ配り歩いていました。
こんなに酷い事が10年以上にわたり続けられていたのです。
事実を知った被害者家族の心は癒えず、悲しみにくれ、犯人への怒りや憤りがおさまる事はありません。

最愛の我が子だから。
家族だから。
しっかりと供養してあげたい。
そんな私達の心を踏み躙り、大切なこの子達を酷い目にいたらしめた。

決して忘れてはならない事件であり、そして同じような犯行は絶対に許されてはならないのです。

今回、この子達は身を持って私達に必死に叫び、この現実を知らせてくれました。
私達は今後もこの子達の叫びに応えていきます。

最後になりましたが、今回の事件を一番に世間へ訴え行動を起こして下さった板橋の皆様を始め、作業協力やご支援、ブログの転載など応援下さっている沢山の皆様には心より感謝いたしております。

私達執行部も進行がなかなかスムーズにとはいかず、拙い面も多々あるかと思いますが、どうぞ今後も引き続きご協力を宜しくお願い致します。

本日は暑い中お集まりいただきまして、有難うございました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


~~~~~~~~~~
正丸峠動物死体遺棄の現実
↑こちらは、今年5月の遺骨回収・洗浄作業のレポートです。是非お読み下さい!!


~~~~~~~~~~

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ担当

Author:ブログ担当
「伴侶動物死体遺棄、被害者の会」

平成22年4月6日に公となった、埼玉県飯能市の山林でペットと見られる動物達の遺体が大量に発見された事件。
遺体を遺棄していた犯人はペット火葬業者(花園ペット祭典)でした。
10年以上前から繰り返されていた犯行。
その被害者達が様々な思いを寄せ集まり、平成22年4月18日発足。

山林に棄てられたままの子達や、本当の飼い主さんのもとへ帰る事ができなかった子達を救いたい。
「うちの子は一体どこにいるの?」飼い主さん達のやり場のない思いが少しでも落ちつけますように・・・
そんな思いから被害者の中から有志で集まった執行部を中心に活動を開始しました。

※このブログは執行部の複数のメンバーにより管理構成されています。

~お問い合わせは・・・~
メール
demetaronomehadekai-2010@softbank.ne.jp

電話
080-3520-2515 (芦)
090-6522-8541 ( 細谷)


注意!仕事、家事、育児をしておりますので、
大変申し訳ありませんが、電話でのお問い合わせに対しましては、即答・即返信ができない可能性があります。
ネット環境がある方は、できるだけblogにてお問い合わせをいただけますと助かります。
ご面倒ですが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。