スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.6.7 民事訴訟終結

二年前、刑事訴訟の公判時A元被告は一回に5匹位を10回位しか捨ててないと嘘をつきました。
あの時、A元被告の私利私欲に利用されたあの子達や私達に心からの謝罪があれば、私達は民事訴訟を起こさなかったと思います。

本日、原告30名による民事訴訟が終わりました。
民事訴訟費用は双方負担ですが、「和解」という形で武蔵野ペット霊園にあるあの子達のお墓の管理費用等という名目で300万円勝ち取りました。

A元被告からは、小さくモゴモゴした口調ですが、「皆様にご迷惑おかけして大変申し訳ございませんでした」と謝罪がありました。拍子抜けする程たったそれだけで、すぐに閉廷となりましたが、弁護士法人サリュ川口支部の平岡弁護士は、今のA元被告から300万円と決して安くはない金額を取れた事、民事一回目のふてぶてしい態度から一転して、一応A元被告から謝罪があった事で良い結果と言えるのではないか、とおっしゃいました。
平岡弁護士は1500万円という動物の事件の賠償金額としては法外な金額をA元被告に突きつけて下さいました。それだけでも私は嬉しいと感じました。そして決定的な証拠の無い原告30人を約二年もの間、今日まで導いて下さいました。
墓地管理費費用等の名目ですが、300万円という金額を取れた事は、「動物は死んだらゴミになるのか」という疑問を払拭したと思っています。
ただの被害者である私達にお力を貸して下さり、弁護士法人サリュ川口支部の平岡弁護士を始め、沢山のご協力をして下さりました弁護士スタッフの皆様、本当に本当にありがとうございました!本当に言葉では言い表せません!

事件発覚から二年以上が経ち、私達被害者の中でも事件風化が確実に進んでおります。
【忘れて欲しくない】
しかし、私達の予想とは異なり、本日沢山のマスコミの方々が取材に来て下さいました!
時間経過により小さな事件となりつつありますが、風化を防ぎこれからの人達の教訓となる為にはマスコミの方々のお力が必要です。
本日お集まり頂いたマスコミの方々、お忙しい中本当にありがとうございました!
朝日新聞 細羽様
共同通信 井出様
埼玉新聞 保坂様
岩波様
東京新聞 なかざと様
毎日新聞 中山様
読売新聞様(電話取材)

本当にありがとうございました! A.S

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ担当

Author:ブログ担当
「伴侶動物死体遺棄、被害者の会」

平成22年4月6日に公となった、埼玉県飯能市の山林でペットと見られる動物達の遺体が大量に発見された事件。
遺体を遺棄していた犯人はペット火葬業者(花園ペット祭典)でした。
10年以上前から繰り返されていた犯行。
その被害者達が様々な思いを寄せ集まり、平成22年4月18日発足。

山林に棄てられたままの子達や、本当の飼い主さんのもとへ帰る事ができなかった子達を救いたい。
「うちの子は一体どこにいるの?」飼い主さん達のやり場のない思いが少しでも落ちつけますように・・・
そんな思いから被害者の中から有志で集まった執行部を中心に活動を開始しました。

※このブログは執行部の複数のメンバーにより管理構成されています。

~お問い合わせは・・・~
メール
demetaronomehadekai-2010@softbank.ne.jp

電話
080-3520-2515 (芦)
090-6522-8541 ( 細谷)


注意!仕事、家事、育児をしておりますので、
大変申し訳ありませんが、電話でのお問い合わせに対しましては、即答・即返信ができない可能性があります。
ネット環境がある方は、できるだけblogにてお問い合わせをいただけますと助かります。
ご面倒ですが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。