FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15日・作業レポート

本日、第6回目となるお骨拾いを行いました。

会執行部、被害者の方々、またボランティアで参加してくださった方々、計20名で行いました。

これまで、正丸峠の上の方からお骨を拾い、少しずつ場所を移動して、今日は民家や道路が見える位のだいぶ下まで降り、探してきました。
沢を見下ろし、黒いゴミ袋を見つけると
『あ、いるかもしれない!』『待ってるんだ!』
と、みなさん、危険も顧みずに、迎えに行きました。
先程の報告にもありましたように、今日の現場は本当に今までにない急斜面で、沢に入ってみると目の前は何もない、一歩間違えれば真下に落ちてしまうようなところでした。
そこには、大型犬や中型犬と大きなお骨もたくさん眠っていました。
毛と一緒にぐちゃぐちゃになってしまっていたり、頭があるのに体は?というように、お骨は時間が経ちすぎて、バラバラの場所に眠っていたり、すごく下まで流されてしまっていたのです。
なんとか迎えに行ってあげたい、でも急斜面すぎて…足場が悪すぎて、行けない…もどかしい気持ちでいっぱいでした。

それでも今日、昼休憩をはさみ、4時間弱の作業でしたが、たくさんの遺骨、遺留品を回収することができました。
『もうちょっと探したい』そんな思いがみなさんあったかと思いますが、なにかあってはと思い、切り上げました。
ですが、まだたくさんの子たちが迎えを待っています。

毎回あんなに回収しているのに、次々に見つかるお骨。いったいどれほどの子たちがあそこに眠っているのだろう…

明日で、お骨拾いは最後になるかもしれません。
どうか、できるだけたくさんの子たちを迎えに行けますように…。

最後に、本日参加してくださったみなさま、本当に本当にありがとうございました。

(執行部:m.k)

~追記~
遺骨回収の追加日程については現在検討中です。
後日ブログにてお知らせいたします。(屋良)

コメント

有難う御座いました

G・W,15・16日と作業参加させて頂き有難う御座いました
今回作業参加した事によって自分も多々学び勉強になりました
皆さんのお話を伺いこの哀しい出来事の全容や根底に有る問題を再確認知る事も出来ました
今後の『会』の進展には諸問題等色々と有るとは思いますが 1つ1つ納得の行く様に解決し犠牲になった子達を手厚く供養して上げて下さい

現場にて感謝のお言葉.お褒めのお言葉を頂き本当に有難う御座いました

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ担当

Author:ブログ担当
「伴侶動物死体遺棄、被害者の会」

平成22年4月6日に公となった、埼玉県飯能市の山林でペットと見られる動物達の遺体が大量に発見された事件。
遺体を遺棄していた犯人はペット火葬業者(花園ペット祭典)でした。
10年以上前から繰り返されていた犯行。
その被害者達が様々な思いを寄せ集まり、平成22年4月18日発足。

山林に棄てられたままの子達や、本当の飼い主さんのもとへ帰る事ができなかった子達を救いたい。
「うちの子は一体どこにいるの?」飼い主さん達のやり場のない思いが少しでも落ちつけますように・・・
そんな思いから被害者の中から有志で集まった執行部を中心に活動を開始しました。

※このブログは執行部の複数のメンバーにより管理構成されています。

~お問い合わせは・・・~
メール
demetaronomehadekai-2010@softbank.ne.jp

電話
080-3520-2515 (芦)
090-6522-8541 ( 細谷)


注意!仕事、家事、育児をしておりますので、
大変申し訳ありませんが、電話でのお問い合わせに対しましては、即答・即返信ができない可能性があります。
ネット環境がある方は、できるだけblogにてお問い合わせをいただけますと助かります。
ご面倒ですが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。