FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋をわたって

6月2日 一匹の犬が亡くなりました。

名前は飛鳥(アスカ)
幾多の障害を持ち、1年生きられないと言われ、医者からも安楽死をすすめられながらも、7歳まで生きた奇跡の犬。

飼い主のKさんと共に何度も正丸峠やクリーンセンターに来てくれたそうです。

私達遺族の知らない所で、本当に沢山の人達が動いてくださいました。

ともすれば私達は『遺族である』事にあぐらをかき、他の人々の善意を当たり前であるかのようにとらえてしまうかもしれません。

名前も知らない私達の為に、身元もわからない正丸の子達の為に無償で動いてくれた人達がいる。

その事を、私達は忘れてはいけないと思います。

ワンダーランド様では、花が絶えたことがありません。
私達の子は本当に、大切に大切に扱われておりました。

飛鳥は虹の橋をわたって、私達の子達と同じ所に行きました。
不自由だった体から開放され、みんなと元気に遊んでくれてるかな?
『私達元気だよ、頑張ってるよ』ってみんなに伝えてね。


ありがとう・・・飛鳥

あなたが見せてくれた『命の力』を忘れない・・・

感謝と友愛を込めて、被害者会の名で花をおくらせていただきます。



心より、ご冥福をお祈り致します。


代表:藤野美和子


☆奇跡の犬「飛鳥」については右下リンク先犬の幸せって??に詳しく書かれています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ担当

Author:ブログ担当
「伴侶動物死体遺棄、被害者の会」

平成22年4月6日に公となった、埼玉県飯能市の山林でペットと見られる動物達の遺体が大量に発見された事件。
遺体を遺棄していた犯人はペット火葬業者(花園ペット祭典)でした。
10年以上前から繰り返されていた犯行。
その被害者達が様々な思いを寄せ集まり、平成22年4月18日発足。

山林に棄てられたままの子達や、本当の飼い主さんのもとへ帰る事ができなかった子達を救いたい。
「うちの子は一体どこにいるの?」飼い主さん達のやり場のない思いが少しでも落ちつけますように・・・
そんな思いから被害者の中から有志で集まった執行部を中心に活動を開始しました。

※このブログは執行部の複数のメンバーにより管理構成されています。

~お問い合わせは・・・~
メール
demetaronomehadekai-2010@softbank.ne.jp

電話
080-3520-2515 (芦)
090-6522-8541 ( 細谷)


注意!仕事、家事、育児をしておりますので、
大変申し訳ありませんが、電話でのお問い合わせに対しましては、即答・即返信ができない可能性があります。
ネット環境がある方は、できるだけblogにてお問い合わせをいただけますと助かります。
ご面倒ですが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。