FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁かれる時(再編集)

被告人「阿部 忍」はどんな表情をするのだろう・・・

黒く染められていた頭髪はどうなっているのだろう・・・

果たして私たちは冷静にしていられるのだろうか・・・



いよいよ始まります!

もう二度と顔も見たくない!と思っている被害者の方も多くいらっしゃるかと思いますが、皆様も傍聴に行きませんか?


■6月16日(水) 10:00より
さいたま地方裁判所川越支部

郵便番号 350-8531
所在地 埼玉県川越市宮下町2-1-3
(JR川越駅・東武東上線川越駅下車→東武バス1番乗場(神明町車庫行)→喜多町下車)
(西武新宿線本川越駅下車→東武バス(神明町車庫行)→喜多町下車)
電話 049-225-3500


◆前回、川越支部へ問い合わせした際「傍聴希望が多い場合は」抽選になると案内を受けました。

先ほど念のため再度確認の連絡をしたところ

・マスコミの注目度も高く、マスコミの数が多い
・被告人の関係者の希望もある可能性も大きい
・問合わせが多い

という理由で抽選ではなく、先着順になるとの回答でした。
こちらも被害者も多く、傍聴希望の声も少なくないとお伝えし再度検討をお願いしました。

週明け、月曜日に改めてこちらから「先着順か抽選か」を確認しブログにてご案内致します。

※法廷は川越支部最大の傍聴席40席になるそうです。



<傍聴の注意事項>
1)川越支部の法廷はあまり大きくなく、傍聴席は約30名程のうち約10席はマスコミ用になり、傍聴希望者が多い場合は抽選になります。
 *抽選時間は、開始予定時間の10分から15分前になります。30分前にいらしていください。

 *執行部からは6~8名で出向く予定です。(目印に黄色いスタッフシャンパーを着用しております)
2)メモは自由、録音・撮影は報道機関等が議長の許可を得た場合のみ可。
3)携帯・飲食・居眠り禁止・退場になる場合もあります。


★当日、新聞数社より取材の依頼を受けております。インタビュー等にご協力をお願い致します。
★現在TV局から取材依頼もあります。取材の内容によっては皆様のご意見・ご協力をお願いすることになるかと思われますのでその際はよろしくお願い致します。

        

コメント

何故ですか

先日、飯能警察署から電話連絡があり、直に捜査が終わり、裁判が始まることを知らされました。
たしかに阿部被告の行為は偽善と言わざる得ませんが、私は思います。
自宅のペットが息を引き取ったとき、数多くある葬儀業者の中から、何故に花園ペット祭典を選んだのかと、自問すると。
やはり、料金の安さを優先したことが一番の理由であることは否めません。
それを思うと、一概に阿部被告を責める気になれず、複雑な思いです。
罪を憎み、人を憎まずのたとえもあります。
憎しみにとらわれず、冷静に傍聴されることを望みます。

これからですね!

執行部の皆様、活動頂き本当にありがとうございます。

やっと公判の日が来ましたね。
私は傍聴に行かれませんが、やはり冷静ではいられません。
何故なら・・・あの正丸峠の現場の夥しい骨の数
そして・・・その遺骨を手洗いする作業
それを目の当たりにしたら「人」をも憎みたくもなります。

執行部の皆様は優先的に傍聴できると良いですよね。
それも儘ならないって訳ですよね。
でも、傍聴された時はきっと「冷静」でいられると思います。
現場でご一緒した皆様の人柄からお察しできます。

また報告をお待ちしています。

No title

執行部の皆様。いつもこちらのブログを拝見させていただいております。やっと阿部の公判が始まりますね。私は公判には行けませんが、執行部の方々が傍聴できる様に願っております。
花園に託したのは、料金が安かったからではなく、タウンページに大きな広告で、真心を込めて…と記載されていたからです。合同にしたのは、うちの子がお友達一緒なら寂しくないと思ったからです。とても罪を憎んで人を憎まずとは思えません。今でも私達の大切な家族の一員ですから。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

執行部の皆様、本当にありがとうございます。

私が花園に託したのも料金が安かったからではありません。
タウンページに一番大きく広告が掲載されているということと、出張葬儀をしてくれるということを聞いて依頼しました。
金額は依頼の電話をした時に初めて聞きました。

このようなことになって花園に依頼した自分を責めてばかりいます。
愛犬の死を受け止められず泣くばかりの状態で他の葬儀社と比較するということは出来ませんでした。

16日は傍聴できるようならしたいと思っています。
目の前の愛犬の写真が「しっかり傍聴してきてね」って言ってるような気がします。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ担当

Author:ブログ担当
「伴侶動物死体遺棄、被害者の会」

平成22年4月6日に公となった、埼玉県飯能市の山林でペットと見られる動物達の遺体が大量に発見された事件。
遺体を遺棄していた犯人はペット火葬業者(花園ペット祭典)でした。
10年以上前から繰り返されていた犯行。
その被害者達が様々な思いを寄せ集まり、平成22年4月18日発足。

山林に棄てられたままの子達や、本当の飼い主さんのもとへ帰る事ができなかった子達を救いたい。
「うちの子は一体どこにいるの?」飼い主さん達のやり場のない思いが少しでも落ちつけますように・・・
そんな思いから被害者の中から有志で集まった執行部を中心に活動を開始しました。

※このブログは執行部の複数のメンバーにより管理構成されています。

~お問い合わせは・・・~
メール
demetaronomehadekai-2010@softbank.ne.jp

電話
080-3520-2515 (芦)
090-6522-8541 ( 細谷)


注意!仕事、家事、育児をしておりますので、
大変申し訳ありませんが、電話でのお問い合わせに対しましては、即答・即返信ができない可能性があります。
ネット環境がある方は、できるだけblogにてお問い合わせをいただけますと助かります。
ご面倒ですが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。